読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神様になった理由(long version)【4】

物語

4.紆余曲折

 

数日後、村長は、生き字引、話の理解が出来る若い衆、数名を連れて、モノノケ達の家に行きました。

モノノケ達は、丁寧に対応しますが、腹わたは煮えくり返っています。
「何の御用ですか?」
「貴方達に、これまでの非礼を詫びる為に参りました。」
「ほう、ならば誠意を見せて頂こうか?」
口先だけだろうと言わんばかりです。その空気を察し、生き字引が前に出て、口を開きました。
「それを分かって頂きたく、一緒に来て欲しい所があります。」


生き字引を先頭に、ある場所に向かいました。

それは、立派な神社でした。生き字引が、話の理解が出来る若い衆に造らせた、神社です。
さすがのモノノケ達も、想像もしなかったので、呆気にとられました。


すぐに、気を取り直し、尋ねました。
「誰もいない様だが、一体これは誰のための、神社ですか?」
「もちろん、貴方達のためです。ここで、嫌な思いをさせることのない、心豊かな暮らしを保障します。」
「随分な、これですね。で?望みは、何ですか?」
掌を返す仕草をしました。
「貧乏、疫病、死を鎮めて頂きたい。」
「ここまでされれば、礼として、応えなくてはならない。分かりました。飲みましょう。」

 

こうして、モノノケ達は人間と条約を結び、神様になり、平和に暮らしました。


世間では、嫌な事もたまにありますが、上手い事暮らして行きたいですね。

 

神様になった理由(long version)【3】

物語

3.緊急会議

 

村人達は緊急会議を開きました。
情報収集、現状把握、の末、
原因をあーだ、こーだと、突き止めると、モノノケ達の仕業だと気付きました。

 

そして、モノノケ達の家に怒鳴り込もうという事になりました。
「お前が行けよ。」
「いや、お前こそ行けよ。」
「何で、俺が?」
我先にと叫ぶ者はいても、実行に移す人は一切いません。むしろ、堂々巡りです。

 

ダチョウ倶楽部の様には、なりません。
「じゃあ、俺が行くよ。」
「どうぞ、どうぞ」
と言う、具合には。

 

他にも、出る事は出ましたが、ケンケンガクガクとして、パッとした意見が出ません。
正座で足はガクガクになりましたが。

 

「えぇい!黙るがよろしい‼」
途端に、ざわついていた場が凍りつきました。いつも、温厚な方生き字引の老人が声を張り上げたからです。


そして、一つ、ため息を吐き、続けました。

「確かに、我等にとって、貧乏、疫病、死は、関わりたくないモノだ。
だからと言って邪険にしてはならない。
君達もいくら嫌いな相手からでも、嫌がらせやイジメはされたくないだろう?」
「それでは、どうしろと言うんですか⁉」
「簡単な事だ。優しくすれば良い。神様としてお祀りする。」

その途端、血相を変えて、非難の嵐が起こりました。
「何故、そこまでしないといけないんだ⁉他に案はないのか⁉」
生き字引は即座に返します。
「ならば、君達の素晴らしい案を聞こうか?」
村の若い衆は、ぐうの音も出ず座り込んでしまいました。
おられます。文句だけを叫ぶ方々が。

こうして、モノノケ達を神様として祀る事が決定しました。

 

 

神様になった理由(long version)【2】

物語

2.厄災襲来

 

いよいよ決行の日が来ました。それは、新月の夜でした。


モノノケ達は精進潔斎をし、肉類を食べず、酒を飲まずに心と体を清め、深く息をしました。
そして、前を見据え、呪文を唱えました。

 


すると、不穏な生温かい風が吹いたかと思うと、

 

「諭吉ちゃんが、鳥になるー‼」
景気が落ち。

 

「とっつぁん、お粥ができたよ。」
「いつも、すまないねぇ。げほげほ。」
「それは、言わない約束だよ。」
シャボン玉ホリデー提供、懐かしいです。
分からない方は、60歳前後の方に聞こうね。
病気が蔓延。

 

「ちーん、なーむー。」
亡くなる方が、多数出ました。