読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈴の声

A
街で耳を刺すだけの雑音
僕は独り荒んでいて
ノイズとしてしか
感じぬ叫びよ

B
輝き透き通る様な
明るく鳴り響く様な
世俗に汚(けが)れた僕を
清らかにした君の声は


サビ
ただ 空気を揺らしただけのモノが
なぜ 大地も揺らせるだけのモノに
僕にしか聴き取れないのだろう??
優しい音色 鈴の声


A
ここで胸を焦がしてる鼓動
君も独り待ちわびたね
ノイズが取れてく
想いに答えた


B
面影消えうせる様な
悲しく鳴り止まぬ様な
支配に縛られし僕を
救われたんだ君の声に


サビ
ただ 空気を揺らしただけのモノが
なぜ 大地も揺らせるだけのモノに
君にしか伝わらないのだろう
愛しい音色 鈴の声

 

語り
雑踏の中 僕らは 動くタンパク質
考えていたよ
でも、間違いなのかい?
ねえ、君よ 教えてくれ、教えてくれ

 

サビ
ただ 空気を揺らしただけのモノが
なぜ 大地も揺らせるだけのモノに
僕にしか聴き取れないのだろう??
優しい音色 鈴の声
愛しい音色 鈴の声

 

意味:「その問いが解るまで」を書き直しました。

七味さん(ポエム仲間)との合作です。