詩、詞、画...諸々

囲(かこ)われ者の私は

辛かったのだろうと 籠の前

見知らぬ人の優しさが

声も出せずに呆けさせる

それはあなた達が

私を「救う」から

 

囲われ者の私は

此処ではない他所を知らない

勝手な決め付けだけで

「救う」事だけをしないで

がらがら崩れた 此の居場所

 

 

如何すれば善いのと 崖の前

見知らぬ人は気付かない

涙こぼすも 縋れなくて

それも あなた達が

私を「救う」から

 

囲われ者の私は

此処ではない他所を知らない

勝手な決め付けだけで

「救う」事だけをしないで

がらがら崩れた此の居場所

 

 

こうするしかないと 縄の前

嬉しい筈と思い込む

見知らぬ人は不思議がる

それはあなた達の

所為だと云えないわ

 

囲われ者の私は

生きていく道を絶たれて

私自身を絶つつもり

がらがら崩れたあの居場所

 

過去に出来ない あの居場所

 

 

意味:自由になるも、

今までの生活しか知らなくて、

路頭に迷った結果。

(「硝子坂」の替え歌)

芥子壺のTwitter: https://twitter.com/mad_logic_009