詩、詞、画...諸々

三つの勿怪(アマチュアライブでの台本)

「朝からヤケ酒yeah!」
「右に同じくyeah!」
「トリオで仲良くyeah!」

 

「いやぁ、高い酒なだけあって、美味いよなぁ」
「ホント、ホント、白鹿、白鶴、淀の水。」

「それは大阪の水道水!淀川の水‼」
「おっと、イケねぇ、間違えた。

 でもさすが、持ってきた甲斐があったぜ!福の神のトコの酒‼」

 

ピッキーン

 

「ってオイ、それは言わないモンだろ?」
「す、すまない…」
「いや、いいよ…。パワースポット特集には、載らない俺達だし…。」
「俺達、悪い事したかなぁ」

「大体、人間が嫌いな物トップ3ってだけで、
俺達自身まで嫌わなくても、いいじゃねぇかよぉ」

 

そう、彼らは何を隠そう、貧乏、疫病、死を司る勿怪達。
世界で一番、塩やら、石やら、投げられます。

貧乏、金なし。疫病、病気で元気なし。死は、全てがオジャン
ですからねぇ。

 

でも、彼らの言う通り、嫌われたくて嫌われている人はいません。
そんなモノですから、泣きじゃくっているワケですよ。
そこで、物怪達は一念発起、人間に仕返しする事にしました。


決行の日、最強の呪文を唱えました。
アジャラモクレン、テケレッツのパー」

すると…

 

「諭吉ちゃーん!いずこへー?」

 

「とっつぁん、おかゆができたよ。」
「いつも、すまないね、ゲホゲホ。」
「それは言わない約束だよ。」

シャボン玉ホリデー提供。

分からない人は、60歳前後の人に聞こうね。

 

「ちーん、なーむー。」

 

世界はシッチャカメッチャカに。


人間達、緊急会議の結果、勿怪達の仕業だと気付きます。
早急に対策を考えますが、ケンケンガクガクとしてパッとした意見が出ません。
正座で足はガクガクになりましたが。
ここ笑うトコですよ。

 

「確かに、我らにとって、貧乏、疫病、死は、関わりたくないモノだ。
 だからといって、邪険にすれば、我らも邪険にされる。
 うーむ... 勿怪達を神様にしよう。」
「何故そこまでしないと駄目なんだ!他に案は無いのか!?」
「ならば、君達の素晴らしい案を聴こうか?」
「うっ…。」
いますよねぇ。文句だけ言う人々。

 

結果物の勿怪達は神様となりました。

経緯は知らず、不思議に思いつつも、悪い気持ちはしません。
だんだん機嫌がよくなり、仕返しする事を辞めました。
こうして、人間、神様は、平和に暮らしましたとサ。

ちゃん、ちゃん♡

 

 

芥子壺のTwitter: https://twitter.com/mad_logic_009